診察券·ショップカード·ゴールドカード·ポイントカード·メンバーズカード·スタンプカード·IDカード·社員証·学生証のことならお任せください。

ゴールド(シルバー)カードの製作

ゴールドカードやシルバーカードは、提供されるサービスや商品の価値を代弁してくれるものだと思っています。高級感のあるカードは、財布の中でも存在感があり、所持している優越感は見る度に味わうことができるでしょう。

そんなゴールド(シルバー)カードですが、弊社では二通りの方法で製作することが可能です。いわゆるクレジットカードやキャッシュカードのタイプの PVC ゴールド(シルバー)カードと、金属のような質感のヘアラインゴールド(シルバー)カードです。

ゴールドカードイメージ
製作方法がそれぞれ異なります。まずは製作工程をご説明いたしますので、データ制作をどのように進めて行けば良いかをご理解頂ければと思います。

製作工程とデータ制作について

まずは、PVC ゴールド(シルバー)カードです。

PVCゴールドカード製作工程
製作工程は以下の通りです。
基材(元のプラスチック材)の色は白です。
そこへ特色のゴールド(今回の場合 G03)を印刷します。
その上からオフセット印刷(CMYK の掛け合わせ)を行います。
ベースがゴールドですから、特に薄めの色はベースの色に影響を受けて本来の色とはなりません。
サンプルをご覧頂くと分かりやすいのですが、少しラメも確認出来るかと思います。
例えば、ゴールドの影響を受けず、そのままの色を出したい場合は、特色ゴールドを印刷する際、その部分は抜いておきます。白の上に印刷することになりますので、CMYKそのままの色が印刷出来ます。
最後に加工の工程となります。

次にヘアラインゴールド(シルバー)カードです。

ヘアラインカード製作工程
このカードはヘアラインの部分を表のみにするか、裏面もヘアラインにするかの選択しかありません。
場所を指定してへアラインを抜くことも出来ません。
また、文字やオブジェクトの表現は箔押し(線幅 0.15mm 以上を推奨)のみとなり、ヘアラインの上に印刷は出来ません。
(裏面が白の場合のみ K1 色などでオフセット印刷が可能です)
複数色を使う場合は、箔押し加工代がプラスとなります。

以上のように、製作工程がご理解頂ければデータ制作の際、イメージもしやすいかと思います。
価格を比較したい場合は、お見積もりシステムにてご確認下さい。

お見積もりしシステムボタン

アクセス集計 QR コード

また、アクセス集計ができる QR コードを制作いたします。
カードに印刷した QR コードを読み取る毎に、その情報がリアルタイムに更新され、どの程度のアクセスがあったのかを確認することができます。

アクセス集計QRコードボタン

テンプレートをご用意しておりますので、ご利用をお願いいたします。