診察券·ショップカード·ゴールドカード·ポイントカード·メンバーズカード·スタンプカード·IDカード·社員証·学生証のことならお任せください。

カードデザイン(データ制作)のポイント

データ制作を行う上でご注意頂きたいポイントをご説明いたします。
出上がった時、ガッカリしないためにも熟読されることをおすすめいたします。
様々な要素がございますので、これだけではありませんが、よくあることですので順番にご説明いたします。

枠があるカードデザインは注意
上のデザインですが、左は白枠、右は飾り枠があるカードです。
オフセット印刷の場合、断裁時「抜きズレ」が発生いたします。その際、このようなデザインですと、少しずれただけで見栄えに影響して参ります。

抜きズレが出てバランスが崩れる
右の場合は少し大げさに表現しておりますが、少なからず抜きズレは必ず発生します。
その時、天地左右のバランスが崩れてしまうということです。

枠をなくすと抜きズレは気にならない
仕上がりを考えると、なるべく枠はない方が安全です。
もし枠を設けるなら、断裁線よりなるべく内側にされることをおすすめいたします。
上の画像は実際ずれていますが、見た目にはあまり分からないかと思います。

塗り足しなどの指示
また、全面印刷の場合は、「塗り足し」が必要です。切れては困る文字等は断裁線(仕上がり線)より内側 2mm 以内に収めて下さい。
断裁線(仕上がり線)に黒や白の色はいれないで下さい。
そのデータが印刷データとなりますので、その線も印刷されてしまいます。

リッチブラックの説明

最後は「黒」の話です。
「黒」(スミベタ)を印刷する場合、「K」だけではなく「CMY」をプラスした「リッチブラック」というものがございます。(弊社では C70%、M50%、Y50%、K100% を推奨)
「K」100% では少し薄い印象になるかと思いますが、「CMY」をプラスすることで、引き締まった濃い「黒」の表現が可能となります。
しかし、小さな文字や細い文字は「K」100% の方がきれいですので、使い分けて制作下さいますようお願いいたします。