印刷に関すること

オフセット印刷? オンデマンド印刷?|Printing method

印刷に関する様々なことをご説明いたします。

影

オフセット印刷? オンデマンド印刷? 印刷方式の違い

印刷方式は大きく分けて、3つあります。
「オンデマンド印刷」「オフセット印刷」「シルク印刷」です。
用途がまったく違いますので、どのような基準で選べば良いか説明いたします。

まずは、品質からです。
ベタ塗りが一番きれいで、正確な色再現には「シルク印刷」が適しています。
DICやPANTONEと言われる色見本を元に印刷しますので、思い通りの色のカードを作ることができます。

シルク印刷

また、グラデーションや写真は「オフセット印刷」がきれいです。
シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックと4つの版を作り、順番に印刷していきます。手間とコストはかかりますが、鮮明で安定した品質が期待できます。
但し、グレー、紫系、茶系の色は不均一になりやすい色ですので、特色指定の上、シルク印刷をお勧めします。

「オンデマンド印刷」とは、版を作らず、データを元に直接印刷する方式を言います。
「シルク印刷」や「オフセット印刷」に比べれば品質は劣ります。
特に薄い色やグラデーションは出来れば避けた方が得策です。ハッキリした濃い色合いでデータ制作されることをお勧めします。

印刷比較

デザインのポイントはこちらlink


次は、コスト面から考えてみましょう。
一口に安いものと言っても、これは費用対効果も考慮しないといけませんし、製作枚数にも影響します。
単純に安いのは「オンデマンド印刷」ですが、製作枚数が少ない場合に限られます。50,000枚を「オンデマンド印刷」で製作する場合、コストと納期はオフセット印刷を上回ってしまいます。100枚から500枚くらいしか必要がなく、そこまで品質を気にされない場合は、「オンデマンド印刷」で十分ではないでしょうか。

最後は納期です。
これも製作枚数によりますが、500枚以下なら早いのはやはり「オンデマンド印刷」です。しかし、早いと言っても、2営業日くらいしか変わりません。
納期に影響されるのは、印刷方式というよりも、加工オプションと印刷枚数に起因します。

まとめると、次のような判断基準で印刷方式を決めて頂ければと思います。

製作枚数が少なく、品質をそれほど気にされない場合は、「オンデマンド印刷」
基準は500枚まで。
但し、色合いはハッキリした濃い色でデータを制作する。

品質を気にされる方は絶対「オフセット印刷」
1000枚以上ならオンデマンド印刷の価格になるので安くきれいに製作することができる。(キャンペーン

グレー、紫系、茶系のベタ塗りがある場合、「シルク印刷」特色指定

これはあくまで、PETカードとプラスチックカードに限ったことです。
ゴールド(シルバー)カード、ヘアラインカード、ブラックカード、社員証はこの判断基準には適合しません。

薄い色は注意が必要です!

プラスチックの基材(元のプラスチック)は、真っ白のように見えますが、そうではありません。

PET(ペット)カードは光沢がないオフホワイト色ですし、プラスチックカードは少し青みを帯びています。
少しでもその違いを補うため、純度の高い基材を使用しておりますが、特に薄い色に関しては基材(元のプラスチック)の影響を直接受けるため、イメージと違う仕上がりになることがございます。

パソコン上でイメージしている色

データ上と実際の印刷では大きくことなります。
下図をご覧下さい。

オンデマンド印刷やオフセット印刷の場合、実際は網点と呼ばれるドットで印刷を行っています。
薄い色はそのドットの間隔を空けて薄く見せているのです。
よって、基材(元のプラスチック)の色により、出来上がりの色が違うということとなります。

実際の印刷

この基材(元のプラスチック)はメーカーによっても異なりますので、以前違うところで印刷した現行カードと色が違うということも起こり得ます。

特色印刷

そこで、イメージ通りの色再現や、現行カードに色を合わせたい場合は特色指定して頂く必要がございます。

特色印刷(シルク印刷)は、指定の色で印刷しますので、基材(元のプラスチック)の影響を受けません。
※特色印刷の場合は、追加料金が別途必要となります。

DIC・PANTONEなどの特色カラーはこちらlink


以上の印刷特質を十分ご理解頂き、最終決定をして頂きますようお願いいたします。

営業日カレンダー

Calendar Loading

予定表

flash player
Adobe Flashで作成されたアニメーションなどのコンテンツやこれに対応するコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Playerをインストールして下さい。
adobe reader
PDFファイルとして提供されているコンテンツを閲覧するにはAdobe Readerをインストールして下さい。

当サイトの一部のコンテンツでは、プラグイン(無償)をインストールしていただく必要があります。

pagetop